Loretta

Scroll

2016年秋冬 ロレッタが提案する最旬ヘアアレンジ

この秋冬、ヘアの流れはドライ&ウェット、
真逆の質感がトレンドイン。
今や定番ともいえるルーズなドライヘアは、
意図的な無造作感がこなれた印象をプラス。
“ キメすぎない”力の抜けたスタイルを完成させてくれます。
昨年から人気のウェットヘアは、
適度な重さと濡れたようなツヤ感が洗練された
大人のニュアンスを醸し出し、
“モードっぽさ” を取り入れるのに欠かせない要素に。
それぞれにおすすめのアレンジをレングス別に提案。
理想の質感とスタイルを叶える
スタイリングプロダクトと合わせてご紹介します。

HOW TO MAKE HAIR ARRANGEMENT

SHORT

DRY HAIRSTYLE

アンバランスを極めて
ベレー帽をスタイリッシュに

秋冬の定番アイテム・ベレー帽は、大人っぽく粋な斜めかぶりをマスターすべし。すっきりとさせた前髪と対照的に、サイドとえりあし、後頭部はくしゃくしゃっと遊ばせて。このあえてのアンバランス感が、こなれた感じを演出してくれる。

ARRANGE POINT
えりあしの毛を外ハネさせ、上からかぶせるように内・外交互に巻き、動きを出しておく。
メイクアップワックス6.5を毛先中心によく揉み込む。エアリー感としっかりしたホールド力で自然な毛束感が出る。
前髪はベレー帽から出ないように、一方向に流して内側に巻き込んでまとめ、ピンでしっかり留める。
ベレー帽はいったん深めにかぶせ、似合う角度を探しながら斜めにずらし位置を決める。毛先はワックスを活かしてしっかりと外ハネにし、動きを出してバランスを取る。
ITEM

メイクアップワックス 6.5

メイクアップワックス 6.5
ホールド力抜群マットワックス
65g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

WET HAIRSTYLE

ショート特有の自在さが魅力
立体シルエットアレンジ

ハチ上の髪をラフにまとめることで、頭を小さく、立体的に見せることができるスタイル。スタイリング剤を一気につけず、2~3回に分けて髪全体になじませるのが、自然なツヤと束感を実現するコツ。

ARRANGE POINT
26mmのヘアアイロンで根元から全体をしっかりと巻き、動きを出しておく。トップは高さが出るように持ち上げながら巻く。
根元から毛先までムルムルバターをしっかりと揉み込んでなじませる。程よい油分がしっとりとしたツヤと毛束感、ふんわりとしたシルエットを出してくれる。
手に残ったムルムルバターを前髪表面につける。新たにスタイリング剤を足さないのがナチュラルに仕上げるコツ。
ハチ上の髪をラフに取り、ねじって色付きのアメピンで留める。ピンはランダムに重ね、ヘアアクセのようにスタイリングを。
ITEM

ムルムルバター

ムルムルバター
スタイリングもできるトリートメント
30g  ¥2,300 (税抜価格)詳しくはこちら

BOB

DRY HAIRSTYLE

人気のふわふわ波ウェーブは
アシンメトリー仕立てが新鮮

ふわふわとしたエアリーな質感で巻き髪の新定番となった“波ウェーブ”。アイロンで毛先からワンカールさせていくだけという簡単さも魅力だ。片側にタイトな面をつくったアシンメトリーアレンジなら、程よく甘さを抑えた大人っぽいスタイルが楽しめる。

ARRANGE POINT
コテでなくストレートアイロンを使った方が、波ウェーブが出やすく持ちもよい。全体にウェーブをつけたら、軽く崩す。
髪を持ち上げ空気を入れながら、フワフワシューを全体にムラなくスプレー。ウェーブをキープしながら、固めすぎずふんわり軽くドライな仕上がりを長続きさせてくれる。
片側の髪を耳にかけ、タイトめにピンで留め、アシンメトリーに仕上げる。
ITEM

フワフワシュー

フワフワシュー
ふんわりエアリー巻き髪キープ
180g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

WET HAIRSTYLE

Hun(ハン)アレンジは
濡れたようなツヤ感がカギ

ドライでラフなスタイルが多く見られるHun(Harf-bun)をあえてウェットでモードに仕上げたのがこちらのアレンジ。お団子部分だけはラフに遊ばせることで、抜け感をプラス。頭を小さく見せてくれるので、全身のバランスも取りやすい。

ARRANGE POINT
外ハネはストレートアイロンを使う。コテよりもクセがつきやすく、持ちも良い。
メイクアップミルク(グラマラス)をなじませることで、弾力とツヤ感のある外ハネウエットスタイルをキープできる。
顔周りの後れ毛を多めに残してニュアンスのあるハーフアップに。ルーズ感がポイントなので、手ぐしでザクザクと無造作にまとめる。
結び目をしっかりと押さえながら、輪にした下の部分から髪を少しずつ引き出す。
ITEM

メイクアップミルク(グラマラス)

メイクアップミルク(グラマラス)
しっとりウェーブをメイク
100mL  ¥2,200 (税抜価格)詳しくはこちら

MEDIUM

DRY HAIRSTYLE

巻き&編み込みの合わせワザ
エレガントなゆるシニヨン

ほぐしたカールを編み込んでまとめた、低めのシニヨン。適度に引き出した顔周りや後頭部の髪が、上品さの中にイマドキ感をプラスしてくれる。ベースにしっかりカールをつけておいた方が崩したときに空気感を出しやすくなるので、一手間を省かないこと。

ARRANGE POINT
ほぐした時によりふんわりとさせるために、細かいカールをしっかりとつけたいので、ねじりを加えてトップから縦巻きする。
巻き終わったらパウダームゥをたっぷりと手に取り、泡をつぶして髪全体に揉み込む。カール感を出しながら、パウダリーでほぐしやすい状態にしてくれるので、程よく崩したいまとめ髪に最適。
顔周りは後れ毛を残す。ゆるやかなカールがエレガントすぎず、力の抜けた印象に仕上がる。
ITEM

パウダームゥ

パウダームゥ
無造作巻き髪用フォーム
180g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

WET HAIRSTYLE

こなれ小物のスカーフで
大人フィッシュボーンの完成

大人の“編みヘア”はきっちりつくると古く、ラフすぎるとだらしなく見えてしまうのが難しい。ほぐした状態で完成となるフィッシュボーンは、そこを絶妙に満たしてくれる。巻くだけでアレンジ上手に見えるスカーフを合わせて、ワンランク上のスタイルに。

ARRANGE POINT
巻き終わった髪全体にツヤツヤムゥを揉み込む。固まらないのにセット力があるので、全体がナチュラルにボリュームアップ。大人の編みアレンジに必要なボリューム感が自然に生まれる。
髪をまとめてスカーフを巻く。耳にかぶせるように巻くと、こなれた印象に。
顔周りの後れ毛を多めに残してニュアンスのあるハーフアップに。ルーズ感がポイントなので、手ぐしでザクザクと無造作にまとめる。
フィッシュボーンは幅を広めに丁寧に。低い位置から編み始めると洗練された大人っぽいスタイルに仕上がる。
ITEM

ツヤツヤムゥ

ツヤツヤムゥ
くっきりツヤウェーブ用フォーム
180g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

LONG

DRY HAIRSTYLE

やわらかな質感を活かした
ニュアンスのある一束ヘア

シンプルで地味な印象になりがちな一束結びは、やわらかな質感とウェーブ感のある下地を作るだけでグッと印象が変わるもの。ツイスト+クルリンパの“ねじりんぱ”を取り入れてアレンジすれば、程よいボリューム感とニュアンスを感じる大人のまとめ髪に。

ARRANGE POINT
最初に髪全体にクルクルシューをスプレー。巻く前に使うとアイロンの熱から髪を守るベース剤になる。
巻き終わったら再度クルクルシューをスプレー。固めずエアリーでやわらかなウェーブをキープしてくれるので、アレンジに最適なベースをつくることができる。
ツイストした髪を結んで、クルリンパしたら、毛束部分を左右に引っ張り、結び目に自然なボリューム出す。結び目部分をおさえて後頭部の髪を自然に引き出す。
ITEM

クルクルシュー

クルクルシュー
無造作巻き髪用フォーム
200g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

WET HAIRSTYLE

ウェット&ルーズで魅せる
NEWトップノットアレンジ

頭の高い位置でお団子をつくるトップノットは、きっちりまとめずラフに崩したルーズスタイルが断然かわいい。ただし、カジュアルになりすぎないよう髪の質感はほんのりウェットに。顔周りの後れ毛などどこかに女性らしさを感じさせるのが、今年らしい。

ARRANGE POINT
ベースケアオイルメイクアップワックス2.5を同量ずつ使う。程よいホールド力のあるワックスとツヤのあるオイルを使うことで独特のセミウェットな質感に。手のひらでよくのばし、指を曲げて手をクワのようにし、根元から毛先まで手ぐしを通していく。
顔周りにかかるように、フロントの後れ毛を残しておく。後れ毛には、手に残ったスタイリング剤をつけて毛束感を出す。
毛先を長めに残して輪っかをつくってゴムで結び、結び目を隠すように髪を巻きつける。残った髪も同じお団子に巻きつけ、毛先を残してピンで留める。
ITEM

ベースケアオイル

ベースケアオイル
くっきりツヤウェーブ用フォーム
120mL  ¥2,600 (税抜価格)詳しくはこちら

メイクアップワックス 2.5

メイクアップワックス 2.5
自然なまとまり感をキープ
65g  ¥2,000 (税抜価格)詳しくはこちら

PAGETOP